メンズ

日当たりが良い場所に鳩は巣を作りやすい|鳩ネットで予防対策しよう

一軒家

毒性のある虫の退治とは

8月から9月にかけて、アシナガバチは活発的に動きはじめ、いつもより攻撃性も増してきます。ですから、この時期に現れるアシナガバチには注意しなくてはいけません。なるべく、早めにみつけて専門業者へ依頼してください。

ハト

家に鳥を来させない

鳩が民家の軒先やベランダに巣を作るケースが増えています。ひな鳥を育てている姿を見ると心が温まりますが、衛生的な問題や糞害が発生します。そういった被害に遭いたくないのであれば、鳩が家に寄り付かなくなるような対策を講じておく必要があります。

鳩よけのために

考える女性

足にからまるネット

鳩は、屋上やテラスの手すりといった、日当たりと見晴らしの良い高所を羽休めの場所として選びます。1羽の鳩に選ばれると、その場所には他の鳩も寄ってくることが多く、それにより糞害が発生しやすくなります。これを防ぐために使われている道具が、鳩ネットです。手すりに鳩ネットをかけておくと、そこには鳩が寄りつきにくくなります。なぜなら鳩は臆病な鳥なので、紐状のものが足にからまることを非常に嫌うからです。からまると、危険時にすぐに逃げることができなくなるのです。鳩ネットは、撥水性と弾力のあるポリエチレンなどで作られているので、雨風による刺激に強く、長持ちします。そのため取りつけておけば、その場所で長期間、鳩よけ効果を発揮し続けます。

騒音被害や病気を防ぐため

鳩が多く寄ってくると、糞害だけでなく鳴き声や羽音による騒音被害も発生することになります。したがって鳩ネットを設置しておくことは、こういった被害を防止することにもつながるのです。また鳩の羽や糞には、オウム病や喘息、皮膚炎の原因となるウイルスや真菌などが付着していることがあります。そのためこれらから身を守るためにも、多くの人が鳩ネットを使用しています。鳩は特にマンションで羽休めをするので、鳩ネットにはマンションの管理人からも高い需要があります。鳩が多く寄りつくことでマンションが不衛生な状態になると、入居者が集まりにくくなるからです。つまりマンションの評判を悪くしないようにするためにも、鳩ネットは重宝されているということです。

鼠

自分でネズミを駆除

ネズミ被害は都市部周辺の住宅街に拡大しているため、ネズミが住みつかないように、清潔な環境を保ったり、侵入口を塞いでおいたりすることが大切です。自分でネズミ駆除をするためのグッズやネズミの被害を予防するグッズもホームセンターなどで多く売られています。